詰め物の中にさらに虫歯が出来る!?素材選びの大切さ

来院される患者さまの多くが詰め物の中に虫歯が出来てしまう、2次虫歯の状態になられています。2次虫歯とは、詰め物の間に虫歯菌が入り込み増殖してしまっている状態です。下の写真が銀歯を外した様子なのですが、歯が真っ黒で虫歯になっているのが分かると思います。これは特殊な例ではなく、あくまでも多くの人がこのような状態になっていることをまずは知っておいて頂きたいと思います。

大阪・梅田の歯医者 矯正 カツベ歯科クリニック

治療技術と同じくらい大切な『素材の適合性』

『適合性』とは歯と詰め物のつなぎ目にギャップがないかの「合い具合」を言います。もちろん、「適合性が良い(ギャップが少ない)」ほうが2次虫歯になりにくくなります。この「適合性」は詰め物をした歯の運命を決めてしまうかもしれない、とても大切なものです。

素材による適合性の違い

保険で使用が許されている材料では、やはり適合性は圧倒的に劣ってしまいます。これは、保険制度自体が今噛める事だけを優先しており、長期的に見て歯が残るかどうかを考えていない残念な部分です。このような状況の中で、キチンと説明を受けていなかったり、歯の治療にお金を掛けたくないという方がまだまだ多いため、2次虫歯になってしまう人が後を絶たちません。一方でセラミックなどの素材を使った自費治療は適合性が格段に良くなります。その中でもゴールド(一般的に金歯と呼ばれるもの)は最も適合性の良い素材で、歯を削った部分を守ってくれる信頼のできる素材です。

まとめ

詰め物の適合性が悪いと、いくら歯磨きを丁寧やったとしても詰め物の間に入った汚れまでは落とすことが出来ません。2次虫歯を繰り返していると歯をその度に削ることになるのでいずれ抜歯になるばかりか、治療に繰り返しによる費用の積み重ねも大きくなります。治療の選択は主治医の話しをよく聞き、納得した上で選択して下さい。この記事がご自身の歯を大切にするキッカケになれば幸いです。

☆その他、カツベ歯科クリニックのつぶやきはこちら☆

1.トヨタの組織文化と歯科への応用について学んで来ました

2.日本顎咬合学会に参加しました

3.『ホームホワイトニング』か『オフィスホワイトニング』のどちらがオススメ?

4.なかなか治らない口内炎は口腔ガン!?

5.フロスを使って歯と歯の間のお手入れを

~歯科界を牽引する高度な技術・生涯を見据えた良質な歯科医療~
梅田カツベ歯科クリニック (東梅田・北新地)マウスピース矯正(インビザライン)

大阪駅|梅田駅で最新のインプラント治療
大阪駅|梅田駅で重度歯周病を治す