糖尿病と歯科の関係について講演をしました

7月25日(水)の診療後に大阪市にある株式会社ヨシダにて、当院のスタッフ全員で歯科の勉強会(NHK例会)に参加しました。

今回は歯科衛生士の佐々木より「糖尿病について」、歯科医師の大塚より「前歯部のインプラント治療について」講演をおこないました。

糖尿病は口腔内の健康と密接に関係しています。歯周ポケットの表面積は手のひら程度のサイズがあると言われており、仮に歯周病になるとそれほどの面積に炎症が起こることになります。これは、無視できないほどの炎症のサイズです。

歯周ポケットにある炎症物質はやがて血流に乗り、全身を巡ることになります。この物質が血糖値を下げる働きをするインスリンを効きにくくするのです。そのため、歯周病が悪化すると糖尿病も発症・進行し易くなってしまいます。

糖尿病をお持ちの方は、全身の健康のためぜひお近くの歯医者で歯の治療を受けてください。

大阪・梅田の歯医者 カツベ歯科クリニック

 

☆その他、カツベ歯科クリニックのつぶやきはこちら☆

1.審美を目的としたセラミック治療の勉強会に参加しました

2.梅田の歯医者で放置した虫歯を治療する

3.糖尿病と歯周病の相互関係について講演をしました

4.初期の虫歯を削らず治す

5.梅田の歯医者で歯周病の予防と対策

 

 


~歯科界を牽引する高度な技術・生涯を見据えた良質な歯科医療~
梅田カツベ歯科クリニック 梅田(東梅田・北新地)インプラント治療

大阪駅|梅田駅で最新のインプラント治療
大阪駅|梅田駅で重度歯周病を治す

カテゴリー名:日々のつぶやき