診査・診断の重要性について講演をしました

歯科医師・歯科技工士のスタディーグループNHK-Bが開催されました。

今回は歯科医師の谷口より、診査・診断の重要性について発表です。

当院では治療をおこなうにあたり、まずは以下の情報を分析することが大切だと考えています。

・基本データの収集
  歯周病の進行状況やレントゲンの確認
・歯科既往歴
  いつ・どのような原因で歯を治療したか、昔の笑顔の写真を見て今との比較
・原因追及と対策
  プラークコントロールが必要?力のコントロールが必要?
・補綴設計
  以上のことを加味し、最適な被せ物を作成します

 

診査・診断を怠ってしまうと、セラミックなどの被せ物がすぐに壊れてしまったりします。

また患者さまも何が原因で悪くなっているか明確でないため、同じ箇所が悪くなってしまうということが、しばしば起きます。

これらのことから、診査・診断はとても重要です。

当院では再治療の少ない治療を目指し、最大限の努力をこれからも継続していきます!

 

☆その他、カツベ歯科クリニックのつぶやきはこちら☆

1.歯の解剖学を学ぶ歯科技工士の勉強会に参加しました

2.インプラントや矯正治療の医療費控除

3.歯周病治療から物を噛めるようにする歯科治療

4.歯周病による歯の欠損からの咬合再構成

5.第2種減菌技士認定試験に合格しました

 

 

 
~歯科界を牽引する高度な技術・生涯を見据えた良質な歯科医療~
【インプラント】梅田カツベ歯科クリニック 大阪駅すぐの歯医者

大阪駅|梅田駅で最新のインプラント治療
大阪駅|梅田駅で重度歯周病を治す

カテゴリー名:活動内容報告