虫歯と知覚過敏の痛みの原因の違いとは?対処法を解説します

歯みがき

冷たいものを口に入れた時に歯が傷んだ場合、知覚過敏か虫歯なのか判断に迷う場合があります。

今回のブログでは「虫歯と知覚過敏の違い」についてお伝えし、対処法についても解説したいと思います。

 

1.虫歯と知覚過敏になる原因について

歯が痛い・しみるといったことは虫歯と知覚過敏の両方に見られる症状ですが、この症状に至るまでの原因はそれぞれ異なっています。

まずは、虫歯と知覚過敏になる原因の違いについて解説したいと思います。

 

1-1.虫歯になる原因はプラークに潜む細菌

歯をよく磨いていても虫歯になるのはなぜなのでしょうか?反対に歯をほとんど磨かないのに虫歯になりにくいという人もいます。

その差は虫歯菌がどれだけ口の中にいるかが大きく影響しており、その虫歯菌の中でも特に気を付けたいのがミュータンス菌です。

ミュータンス菌は歯の表面に付いたプラークの中に潜んでおり、糖分を栄養源に酸を出します。また炭水化物も分解されることで糖分に変わるため、砂糖を食べていなくても虫歯になることがあります。

歯の表面の「エナメル質」はとても硬い一方で、酸にはとても弱くなっています。ミュータンス菌が酸をどんどん生み出すとエナメル質が溶け、虫歯になってしまうのです。

 

C0:初期の虫歯

歯の表面のエナメル質が溶かされた状態です。透明感がなくなって白く濁ったように見えますが、まだ穴は開いていません。ブラッシングを適切におこなうことで、歯の再石灰化を促し治癒が期待できます。

C0

C1:エナメル質の虫歯

歯の表面のエナメル質に穴が開いた状態です。痛みを感じることはありませんが、虫歯を削り取る必要があります。

C1

C2:象牙質の虫歯

エナメル質のさらに内側にある象牙質に虫歯が進行した状態です。この状態になると冷たいものがしみたりといった症状が出ます。

C2

C3:神経にまで達している虫歯

象牙質のさらに奥にある神経に虫歯が進行した状態です。炎症を起こしているので何もせずにいる状態でも歯が痛みます。

C3

C4:残根状態の虫歯

歯の神経が死んでしまい、根っこだけが残った状態です。痛みは一旦治まりますが、根の先が膿むと再び痛み始めます。

C4

 

1-2.知覚過敏になる原因は、虫歯以外が要因となり象牙質が露出すること

知覚過敏は象牙質が露出し刺激を受けることで痛みが生じます。それでは、虫歯以外が原因で象牙質が露出する原因をご説明します。

 

①酸性の食品をよく食べる

歯の表面のエナメル質は酸に弱く、酸性の食べ物をよく食べていると歯が溶ける「酸蝕歯(さんしょくし)」と呼ばれる病気になります。エナメル質が溶けるということは象牙質が露出し、知覚過敏になる原因です。

 

②歯周病により歯茎が下がる

歯周病により歯茎が下がると象牙質が露出してしまいます。歯周病は自覚症状がほとんどなく進行していき、また自身で治すことも難しいため定期的な歯医者によるチェックと適切な治療が必要になります。

 

③力を入れて歯磨きをする

力を入れてゴシゴシと歯磨きをするとエナメル質が少しずつ削れて薄くなっていきます。汚れの溜まりやすい場所に注意しながら、やわらかい歯ブラシを使い、軽い力で磨くことが大切です。

 

④歯ぎしりや食いしばり

歯ぎしりや食いしばりが癖になると表面のエナメル質が摩耗していき、結果象牙質が露出してしまいます。このような人は対策として「マウスピース」を装着することをおすすめします。

 

⑤噛み合わせの悪さが原因となる

噛み合わせが悪い事で一部の歯に負担がかかると、その部分だけ歯が削れてしまい知覚過敏の原因となります。この場合は歯医者での歯列矯正で噛み合わせを改善する必要があります。

 

2.虫歯と知覚過敏の治療法について

虫歯と知覚過敏は原因が異なるため、もちろん治療法もそれぞれに適切な治療が必要です。ここでは一般的におこなわれる治療を確認したいと思います。

 

2-1.虫歯を治療するには「虫歯の除去」が必要です

虫歯の治療は「虫歯になった部分を取り除いた後に詰め物や被せ物をする」ことが基本の治し方です。ただし前述の虫歯の進行度合いによって詰め物の大きさや種類が変化するため、どのような治療になるか担当医にしっかりと確認しましょう。

 

2-2.知覚過敏の応急治療には歯磨き粉を使う

知覚過敏には「硝酸カリウム」という成分が含まれている歯磨き粉が有効です。この硝酸カリウムは歯の神経の周りにバリアを張り巡らすので、歯がしみて痛いという状況を緩和することができます。

しかし歯磨き粉はあくまで応急策として使用し、しっかりと治すには一度歯医者に見てもらい専用の接着剤を用いて象牙質を封鎖するなどの治療をして下さい。

 

3.まとめ

知覚過敏は日々の生活習慣によって引き起こされます。ご自身はどの原因に当てはまるのかをしっかりと理解し、その対策をすることが重要です。

しかし一度知覚過敏になると自然治癒には期待できないので、なるべく早く歯医者を受診するようにしてください。


 
~歯科界を牽引する高度な技術・生涯を見据えた良質な歯科医療~
大阪 梅田の歯医者 カツベ歯科クリニック

大阪|梅田の予防歯科 カツベ歯科クリニック
大阪|梅田で成功例多数 最新インプラント治療
大阪|梅田の重度歯周病治療

カテゴリー名:日々のつぶやき