虫歯治療における詰め物の違いについて

大阪・梅田の歯医者 カツベ歯科クリニック

虫歯になるとその箇所を削り落とす必要があります。歯を削った後は穴が空いてますから、そのままでは食事をすることが出来ません。そのため、詰め物をするのですがその種類は多岐にわたっています。ここでは、自分に合った詰め物は何か?そのメリットとデメリットをご紹介いたします。

 

保険が効く詰め物

メタルインレー

一般的に銀歯といわれている素材です。保険が効くため安価で、強度に優れています。一方で、見た目は良くなく金属アレルギーの方には使用できません。また、歯と詰め物との適合性(接着度合い)も劣ります。(適合性が悪いと隙間ができるので、虫歯になり易くなります)

 

レジン

プラスチックの白い詰め物です。保険が効くため安価で、見た目も良いものができます。しかし、時間経過により変色がし易く耐久性も低いです。

 

保険適用外の詰め物

ゴールドインレー

金合金で出来た詰め物です。適合性が非常に高く虫歯になりにくくなります。しかし、見た目があまり良くないことが難点です。そのため、奥歯の治療に使われることが多くなっています。

 

セラミックインレー

陶器で作られた詰め物です。天然の歯と見分けが付かないくらい美しい仕上がりと、金属アレルギーの心配もありません。一方で、陶器でできているため強い力がかかると割れやすくなります。

 

☆その他、カツベ歯科クリニックのつぶやきはこちら☆

1.マイクロスコープを使った高度治療の講習会に参加しました

2.梅田の歯医者で歯が長持ちする虫歯治療

3.歯科衛生士がマイクロスコープの勉強会に参加しました

4.虫歯予防には3歳までの子どもの時期が大事!?

5.痛くない虫歯治療をしている梅田の歯医者

 

 


~歯科界を牽引する高度な技術・生涯を見据えた良質な歯科医療~
梅田カツベ歯科クリニック 梅田(東梅田・北新地)インプラント治療

大阪駅|梅田駅で最新のインプラント治療
大阪駅|梅田駅で重度歯周病を治す

カテゴリー名:日々のつぶやき