痛くない虫歯治療をしている梅田の歯医者

大阪・梅田の歯医者 カツベ歯科クリニック

表面麻酔

歯医者の麻酔といえば注射針を使ってするイメージがありますが、表面麻酔は歯ぐきにガーゼを数分間当てて麻酔を効かせます。効果としてはそれほど強いものではないですが、こちらは麻酔をするための麻酔となっており、注射針で刺す痛みを軽減することができます。

 

浸潤麻酔

昔からよく使われており、効果も高い麻酔になっています。これは虫歯治療や神経を抜く前におこなわれており、痛みも強いため苦手とする人は多かったのですが、先ほどご紹介した表面麻酔をすることによって痛みをかなり軽減することができます。また、浸潤麻酔の痛みをより軽減させるために注射針をより細いものにしたり、麻酔液を少し温めておくなどの工夫もされています。

 

恐怖を和らげるための麻酔

上に紹介した麻酔は痛みを和らげるための麻酔ですが、恐怖を和らげるための麻酔も存在します。その1つが笑気ガスと呼ばれるもので、ガスタイプの麻酔を鼻から吸引することでリラックスをした状態の中で治療を受けることができます。このように、様々な麻酔の登場により歯科治療はより発展したものになっていくことでしょう。

 

☆その他、カツベ歯科クリニックのつぶやきはこちら☆

1.歯科技工士の長嶋が講演をしました

2.大阪梅田の歯医者で歯周病を治す

3.梅田の歯医者が指摘する虫歯になり易い歯磨き

4.梅田の歯医者が教える虫歯になる原因

5.梅田の歯医者が教える歯が黒くなる原因

 



~歯科界を牽引する高度な技術・生涯を見据えた良質な歯科医療~
梅田カツベ歯科クリニック 梅田(東梅田・北新地)インプラント治療

大阪駅|梅田駅で最新のインプラント治療
大阪駅|梅田駅で重度歯周病を治す

カテゴリー名:日々のつぶやき