梅田の歯医者が指摘する虫歯になり易い歯磨き

大阪・梅田の歯医者 歯周病 カツベ歯科クリニック

毎日キチンと歯磨きをしているのに虫歯ができてしまうという方はいらっしゃらないでしょうか。このような方は歯磨きの方法が間違っているのかもしれません。ご自身の歯磨きを一度見直し、正しい歯磨きの方法を身に付けましょう。

 

歯磨き粉は歯ブラシを濡らして付ける

歯ブラシを濡らして歯磨き粉を付ける人は多いかと思いますが、実はこれはあまり良くありません。まず、歯ブラシを濡らすことで泡立ちも早くなるので、短時間で磨けた気になってしまいます。この場合、多くは磨き残しがあり細菌や汚れが残ってしまいます。また、歯磨き粉に含まれている有効成分も流れ落ち易くなってしまうので、歯磨き時は乾いた歯ブラシでするようにしましょう。

 

力を入れて磨く

力を入れてゴシゴシ磨くと汚れが落ちそうに思えますが、実は力を入れると歯の表面のエナメル質が傷つき、そこから虫歯になる恐れがあります。また、力が強いと歯ブラシの毛先がうまく歯の間に入らないので、軽くゆっくりと磨くようにしましょう。

 

口をよくゆすぐ

歯磨きをした後に口をしっかりゆすぐと、歯磨き粉に含まれている有効成分も落ちてしまいます。歯磨きのフッ素効果を高めるためには、少量の水で口の中を通すようにゆすぎましょう。

 

☆その他、カツベ歯科クリニックのつぶやきはこちら☆

1.梅田の歯医者が教える虫歯になる原因

2.梅田の歯医者が教える歯が黒くなる原因

3.大阪・梅田の歯医者が教える虫歯の進行度による治療の違い

4.大阪・梅田の歯医者で痛くない無痛治療

5.日本顎咬合学会にて院長と当院スタッフが講演をおこないました

 



~歯科界を牽引する高度な技術・生涯を見据えた良質な歯科医療~
梅田カツベ歯科クリニック 梅田(東梅田・北新地)インプラント治療

大阪駅|梅田駅で最新のインプラント治療
大阪駅|梅田駅で重度歯周病を治す

カテゴリー名:日々のつぶやき