梅田の歯医者が教える虫歯になる原因

大阪・梅田の歯医者 カツベ歯科クリニック

虫歯は酸で歯が溶ける病気です

虫歯菌は食べ物に含まれる糖分をエサとして活発に動き、虫歯菌の住処であるプラーク(歯垢)を形成します。プラーク(歯垢)がある状態で歯の磨き残しがあると、プラークの中で歯を溶かす「酸」を発生させます。「酸」は歯がとても苦手で、歯の成分であるカルシウムやリンが溶け出します。これが進行すると虫歯になるのです。

 

お口の中を弱酸性に保つことが虫歯予防につながります

お口の中は通常、ph7の弱酸性に保たれています。ph5.5を下回ると歯からミネラルが溶け出し虫歯になりやすい環境となるのですが、これは食事をすると達成してしまう数値です。お口の中が酸性になるとだ液の働きにより時間をかけて弱酸性に戻るため、1日3食程度であれば何ら影響はありません。しかし、食事の間に間食を挟むとお口の中が常に酸性になってしまい、虫歯になり易くなってしまいます。そのため、間食を取るにしても食後時間を空けるのではなく、食直後にした方が良いでしょう。

 

☆その他、カツベ歯科クリニックのつぶやきはこちら☆

1.梅田の歯医者が教える歯が黒くなる原因

2.大阪・梅田の歯医者が教える虫歯の進行度による治療の違い

3.大阪・梅田の歯医者で痛くない無痛治療

4.日本顎咬合学会にて院長と当院スタッフが講演をおこないました

5.梅田の歯医者がオススメする痛くない無痛治療

 

 


~歯科界を牽引する高度な技術・生涯を見据えた良質な歯科医療~
梅田カツベ歯科クリニック 梅田(東梅田・北新地)インプラント治療

大阪駅|梅田駅で最新のインプラント治療
大阪駅|梅田駅で重度歯周病を治す

カテゴリー名:日々のつぶやき