矯正中の痛みは?その対処法について

大阪・梅田の歯医者 カツベ歯科クリニック

矯正治療は歯並びが綺麗になるだけでなく、お口と体全身のバランスも整います。しかし、矯正治療は痛みを伴うため、不安に思う方もいるのではないでしょうか。ここでは、矯正の痛みの正体について時期と程度をお話ししたいと思います。

 

矯正の痛みの正体は「炎症」と「血行障害」

歯列矯正中の痛みの原因は実は明確にはなっていません。しかし、もっとも有力な説が「歯が動く際の炎症」と「歯の移動に伴う血行障害」ではないかと言われています。歯は歯槽骨という骨に支えられているのですが、これが矯正の力が働いて歯が動くと歯槽骨が破壊され、歯が動いた後に歯槽骨が再生するという現象がおこります。この歯槽骨の破壊と再生の際に痛みを感じるというのが有力な説です。また、歯が動くことで歯の中の神経が圧迫され血行障害がおこることも痛みの原因であるとされています。

 

矯正装置を付けて数日間は痛みます

歯列矯正中の痛みは前述でも書いたとおり、歯が動くことによっておこります。そのため、矯正器具を付けてから数日間は歯が動きやすい時期であり、そのタイミングで痛みも感じます。しかし、矯正器具を付けて数日間後は痛みが治まるのが通常であり、四六時中痛いということではありません。

 

痛みを和らげる方法

歯列矯正をしていて痛みを感じるということは、しっかりと矯正の効果が出ているということです。ここで、痛みを和らげるケアの方法としては、歯ブラシを使って歯ぐきをマッサージすると良いでしょう。矯正治療の痛みは血行障害からくるものもあるため、マッサージにより血行を良くすると痛みが緩和されます。また、あまりに酷く痛い場合は痛み止めを飲んでも良いですが、歯の移動を止める成分も含まれているため多用は避けたいところです。

 

☆その他、矯正に関する記事はこちら☆

1.大阪の歯医者で治療する目立たないマウスピース矯正

2.光と矯正を組み合わせたスピード矯正で早い治療

3.矯正で抜歯をする理由とは?抜歯を避ける方法はあるか?

4.マウスピース矯正をする大阪での歯医者選び

5.マウスピース矯正をしている生活はどんなもの?

 



~歯科界を牽引する高度な技術・生涯を見据えた良質な歯科医療~
梅田カツベ歯科クリニック 梅田(東梅田・北新地)インプラント治療

大阪駅|梅田駅で最新のインプラント治療
大阪駅|梅田駅で重度歯周病を治す