裏側矯正(リンガル矯正)が高い理由とは!?

大阪・梅田の歯医者 カツベ歯科クリニック

裏側矯正(リンガル矯正)とは?

裏側矯正(リンガル矯正)とは、歯の表側にワイヤーをかけるのではなく、裏側にワイヤーを装着することで、矯正器具を見えなくします。

 

なぜ表側矯正と比べ裏側矯正が高いのか

裏側矯正は表側矯正と比べ、30万~40万程高くなります。それでは、なぜそれほどの価格差が出てくるのでしょうか。

特別な矯正器具が必要

まずは、歯の裏側は表側と比べて表面がでこぼこしていて形が複雑です。そのため表側で使う矯正器具をそのまま裏側で使うことはできず、また患者さま一人ひとりに合わせた矯正器具を作る必要があります。

高度な技術が必要

歯の裏側は状態が確認しにくく、矯正をすると歯がどのよう動くかを想像する力が必要です。裏側矯正は歯を動かすためのワイヤー調整に高度な知識と技術が必要になため、その分時間と手間がかかるのです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。裏側矯正は費用が高くなりますが、矯正器具が目立ちにくいという以外にもメリットは多くあります。「矯正をしたいけど、見た目が気になる」という方は、ぜひお気軽にご相談ください。

 

☆その他、矯正に関する記事はこちら☆

1.歯並びを治すセラミック矯正で知っておきたいこと

2.歯列矯正の綺麗の秘密はEラインです

3.芸能人に人気のマウスピース矯正

4.大阪の歯医者がオススメのマウスピース矯正で出っ歯を治す

5.裏側矯正(リンガル矯正)とマウスピース矯正の徹底比較

 



~歯科界を牽引する高度な技術・生涯を見据えた良質な歯科医療~
梅田カツベ歯科クリニック 梅田(東梅田・北新地)インプラント治療

大阪駅|梅田駅で最新のインプラント治療
大阪駅|梅田駅で重度歯周病を治す

カテゴリー名:矯正