歯の矯正装置の種類と特徴

大阪・梅田の歯医者 カツベ歯科クリニック

歯の矯正装置には様々なものがあります

歯の矯正装置といえば少し前までは笑うと金属のワイヤーが見えるものが主流でしたが、現在では様々な矯正装置が存在します。ここではその装置の紹介とメリット・デメリットをお話ししたいと思います。

金属ブラケット

歯の表側に金属のワイヤーとブラケットを取り付けて矯正をする装置です。メリットは、金属は丈夫なため様々な症状に対応することができ、また他の矯正装置に比べて安価であることが挙げられます。デメリットは金属が非常に目立つことです。

 

審美ブラケット

白の目立ちにくいブラケットを使用します。メリットは金属ブラケットと同様に様々な症状に対応できるのと、金属アレルギーの方でも安心してお使いいただけることです。デメリットは金属ブラケットに比べて費用は高くなります。

 

裏側矯正(リンガル矯正)

歯の裏側にブラケットとワイヤーを装着して矯正します。メリットは他の人に気付かれにくい矯正であるということです。デメリットは歯の裏側に矯正装置があるため食事や発音がしにくい場合があるのと、表側矯正に比べて費用が高くなる点です。

 

ハーフリンガル矯正

表側矯正と裏側矯正を組み合わせた矯正で、上の歯は裏側に下の歯は表側に矯正装置を付けます。メリットは上の歯は人から見えやすいため矯正装置を裏側に付けていると目立ちにくいという点や、全て裏側矯正をするに比べて費用が安くなるということです。デメリットは表側矯正に比べて費用が高くなります。

 

マウスピース矯正

透明なマウスピース(インビザライン)で矯正をします。メリットはマウスピースが薄くて透明なため他の人に気付かれにくいという点や、食事や歯磨きの際には取り外しが可能なので違和感を感じることはありません。デメリットは装着時間をきちんとご自身で守る必要があることと、適応できる症状が限定される点です。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。人前に良くでられる方には目立たない矯正が良いと思いますし、費用が安いことが最重要項目であれば金属ブラケットという選択もあります。まずは主治医にご相談の上、どのような矯正が良いのかお話ししてみてください。

 

☆その他、矯正に関する記事はこちら☆

1.矯正治療中の食事で気を付けたいこと

2.大阪|梅田で短期間で矯正治療をお考えの方にインビザラインの矯正治療

3.大阪の歯医者が考えるインビザラインで八重歯の矯正

4.部分矯正と全顎矯正の比較

5.裏側矯正(リンガル矯正)で誰にも気付かれずに綺麗な歯並びを

 



~歯科界を牽引する高度な技術・生涯を見据えた良質な歯科医療~
梅田カツベ歯科クリニック 梅田(東梅田・北新地)インプラント治療

大阪駅|梅田駅で最新のインプラント治療
大阪駅|梅田駅で重度歯周病を治す

カテゴリー名:矯正