日本人の虫歯は多いの?少ないの?

大阪・梅田の歯医者 カツベ歯科クリニック

まず日本国内での虫歯の推移はどのようになっているのでしょうか。厚生労働省の調査によると日本の虫歯人口は減少傾向にあります。

しかし、年代別に見てみるとその様子は変わっており、40歳以下の年代では確かに虫歯人口は減っているのですが、45歳~84歳では増加傾向にあるのです。このことから若い世代が虫歯人口の減少に貢献していると言えます。

それではなぜ若い世代の虫歯人口が減少したのでしょうか。それは、1日に複数回歯磨きをすることが一般的になったことと、フッ素の普及が要因になっているものと考えます。

この世代が年をとっても虫歯にならないよう、ぜひ健康な口内環境を保っていほしいです。

 

☆その他、カツベ歯科クリニックのつぶやきはこちら☆

1.矯正の痛みについて

2.すきっ歯(正中離開)は綺麗に治すことができます

3.インプラントやセラミック治療などの勉強会に参加しました

4.だ液検査はなぜ虫歯になるかという「考え方」を教えます

5.虫歯の初期は削らずに治しましょう

 



~歯科界を牽引する高度な技術・生涯を見据えた良質な歯科医療~
梅田カツベ歯科クリニック (東梅田・北新地)マウスピース矯正(インビザライン)

大阪駅|梅田駅で最新のインプラント治療
大阪駅|梅田駅で重度歯周病を治す

カテゴリー名:日々のつぶやき