大阪・梅田の歯医者が教える表側矯正と裏側矯正の違い

大阪・梅田の歯医者 カツベ歯科クリニック

表側矯正(ラビアル矯正)

上下ともに歯の表側に金属ワイヤーの矯正装置を装着するもので、最も歴史のある治療法です。この矯正治療では口を開くと非常に目立つということがデメリットですが、白い素材を使った多少は目立ちにくい表側のワイヤー矯正もあります。

 

裏側矯正(リンガル矯正)

上下ともに歯の裏側にワイヤーの矯正装置を装着します。口を開けた際に歯の裏側が見えることはないので、最も見えない矯正治療法です。そのため、人前で仕事をする人や芸能人にも人気の治療法になっています。ただし、舌が矯正装置に触れるため違和感を感じやすくなります。

 

ハーフリンガル矯正

上の歯が裏側、下の歯が表側にワイヤーを装着して矯正をする方法です。口を開けた場合、比較的下の歯は見えずらいため上の歯のみ裏側に装置を装着します。価格も表側矯正と裏側矯正の中間に設定されていることが多いです。

 

インビザライン(マウスピース矯正)

ワイヤー矯正とは違って、いつでもご自身で取り外しができるマウスピース型の矯正です。食事や歯磨きのはマウスピースを取り外してできるため、日常生活に支障がでることはありません。しかし、取り外しができるとはいえ、1日20時間は付ける必要がある点は注意が必要です。

 

☆その他、矯正に関する記事はこちら☆

1.モデルや芸能人に人気の『インビザライン』のマウスピース矯正

2.オーソパルスで矯正治療を早く終わらせるスピード矯正治療

3.梅田の歯医者がオススメする目立たないインビザラインのマウスピース矯正

4.スピード矯正で治療期間を短くするオーソパルス

5.マウスピース矯正をしている梅田の歯医者

 



~歯科界を牽引する高度な技術・生涯を見据えた良質な歯科医療~
梅田カツベ歯科クリニック 梅田(東梅田・北新地)インプラント治療

大阪駅|梅田駅で最新のインプラント治療
大阪駅|梅田駅で重度歯周病を治す

カテゴリー名:矯正