舌側矯正(リンガル矯正)とマウスピース矯正の比較

カツベ歯科クリニック

見えない矯正というとよく比較に上がるのが舌側矯正(リンガル矯正)とマウスピース矯正ですが、これらのメリット・デメリットは具体的にどのようなものがあるのでしょうか。矯正を検討されている方はぜひ一度ご一読ください。

 

見えにくくさの違い

裏側矯正(リンガル矯正)は歯の裏側にワイヤーを通すので、口を閉じていると矯正装置はまったく見えません。マウスピース矯正は透明で薄いマウスピースをはめるので目立ちにくのですが、裏側矯正(リンガル矯正)と比べると目立ってしまいます。しかし、マウスピース矯正が目立つといっても至近距離で見ない限りわからない程度なのでそれほど気にする必要もないと思います。

 

費用と治療期間の違い

費用は圧倒的にマウスピース矯正が安くなっています。まずマウスピースはプラスチックで出来ていますが、裏側矯正(リンガル矯正)は金属を使います。ここで使用する素材による費用の違いがうまれますが、マウスピース矯正はさらに治療に要する時間が短いことも費用が安い要因です。ワイヤー矯正は1ヶ月に1度、ワイヤーやゴムを交換する必要があるのですが、マウスピース矯正はご自身でマウスピースをどんどん交換していけば良いので歯医者にかかる手間はほとんどありません。

次に治療期間ですが、これは裏側矯正(リンガル矯正)・マウスピース矯正共にそれほど違いはありません。双方、1年~3年ほどの矯正期間が必要になってきます。

 

☆その他、矯正に関する記事はこちら☆

1.大阪梅田で歯並びを整える透明マウスピース矯正

2.大阪・梅田で評判の見えない矯正

3.梅田の歯医者が治療している目立たない矯正

4.前歯だけのマウスピースによる目立たない部分矯正

5.矯正中の痛みは?その対処法について

 

 


~歯科界を牽引する高度な技術・生涯を見据えた良質な歯科医療~
梅田カツベ歯科クリニック 梅田(東梅田・北新地)インプラント治療

大阪駅|梅田駅で最新のインプラント治療
大阪駅|梅田駅で重度歯周病を治す

カテゴリー名:矯正