矯正で抜歯をする理由とは?抜歯を避ける方法はあるか?

大阪・梅田の歯医者 カツベ歯科クリニック

矯正の検査をしたものの、検査結果で抜歯が必要と診断されると躊躇してしまう方もおられると思います。綺麗な歯並びにはしたいけど、健康な歯を抜くことは少なからず抵抗があるのではないでしょうか。ここでは、矯正になぜ抜歯が必要になるのか?そのメリットとデメリットをお話ししたいと思います。

 

歯列矯正でなぜ抜歯が必要になるのか?

歯並びが悪くなる原因として日本人に多く当てはまる原因が、顎が小さいため歯が並びきらないことです。そのため前後に重なっている歯を一列に矯正するためには、抜歯をしてスペースを作る必要があります。また、歯を並べるスペースがないのに抜歯をせず矯正をしようとすると前歯が出てしまいます。これではせっかく綺麗に矯正をしたことが台無しです。

 

矯正で抜歯が必要にならない場合

歯が前後に大きく重なっておらず突出が少ない場合は、抜歯をしなくても矯正で綺麗に整えられる場合があります。また、抜歯は歯を移動させる空間を作るためにおこなうので、元々その空間があれば抜歯は必要ありません。また、子どもの場合は顎の拡大を促進する治療ができるので、抜歯をせずに矯正をすることが可能です。

 

まとめ

歯列矯正をする上での抜歯は矯正が効率良く進み、仕上がりも良くなります。ただし、健康な歯を抜かなければならないというデメリットもあるので、これらを理解した上で矯正治療に臨むようにしましょう。

 

☆その他、矯正に関する記事はこちら☆

1.マウスピース矯正をする大阪での歯医者選び

2.マウスピース矯正をしている生活はどんなもの?

3.大阪の歯医者がオススメするマウスピースを使った短時間スピード矯正

4.矯正に後戻りはつきもの!?保定装置(リテーナー)の重要性

5.マウスピース矯正は効果があるか!?

 



~歯科界を牽引する高度な技術・生涯を見据えた良質な歯科医療~
梅田カツベ歯科クリニック 梅田(東梅田・北新地)インプラント治療

大阪駅|梅田駅で最新のインプラント治療
大阪駅|梅田駅で重度歯周病を治す

カテゴリー名:矯正