歯周病で歯を失った場合のインプラント治療

30代にさしかかると目立ってくるのが歯周病により歯を失うケースです。歯周病は歯を支える骨が炎症によって少しずつ奪われていき、結果的に歯が抜けてしまいます。

 

インプラント治療の前に歯周病を治す必要があります

歯周病の状態でインプラント治療をしても骨がどんどん失われていくので、インプラントを固定することができません。

そのため徹底的にプラーク(歯垢)や歯石を取り除き、歯磨きの意識を高めていただくなどして歯周病治療に全力を尽くす必要があります。

 

インプラント治療での注意点

歯周病により骨が失われている場合は人工的に骨を作り出す必要があります。また歯周病再発によりインプラントを失わないよう、しっかりと歯医者へメンテナンスへ通い綺麗な状態を保つ必要があります。

術前 カツベ歯科クリニック 術後 カツベ歯科クリニック

 

☆その他、インプラントに関する記事はこちら☆

1.歯がない場合の治療はインプラントか?ブリッジか?

2.前歯のインプラントで歯が綺麗を実現します

3.奥歯のインプラント治療をする際の注意点

4.前歯のインプラント治療をする際の注意点

5.インプラントブリッジで前歯を治療した症例

 



~歯科界を牽引する高度な技術・生涯を見据えた良質な歯科医療~
梅田カツベ歯科クリニック 梅田(東梅田・北新地)インプラント治療

大阪駅|梅田駅で最新のインプラント治療
大阪駅|梅田駅で重度歯周病を治す

カテゴリー名:インプラント