ハイアングルのケースに対する咬合再構成(NHK-B)

9月15日(金)の診療後に大阪市中央区にある株式会社LAZARUSにて、

当院の歯科医師・歯科技工士で歯科の勉強会(NHK-B)に参加しました。

今回は当院より歯科医師の大塚が「ハイアングルのケースに対する咬合再構成」というテーマで講演をおこないました。

NHKB勉強会

ハイアングルの対義語にはローアングルがあり、これらは横顔の骨格の状態で分けられます。

ハイアングルとローアングルにはそれぞれ以下の特徴があり、

これら特徴を踏まえた治療計画を立てることが重要です。

 

◆ハイアングルの特徴

1.噛む力が弱い

2.下顔面が長くなる傾向にある

3.よく口呼吸をする

4.口唇を抑える力が弱いため、口が開きやすい

5.舌をかみやすい

6.歯がすり減り、下顎が後方へ移動する

 

◆ローアングルの特徴

1.噛む力が強い

2.歯がすり減ることで下顔面が短くなる傾向にある

3.歯に負担がかかりやすい噛み合わせになる

4.前歯のかみあわせが深い

5.奥歯がだめになり易い

6.下顎は前方へ移動する

 

また他院の歯科医師と歯科技工士からはそれぞれ、

「ラミネートベニアとオールセラミックの前歯部修復」と

「デジタル技工の可能性」というテーマでお話しをいただき、

とても勉強になった会になりました。



~歯科界を牽引する高度な技術・生涯を見据えた良質な歯科医療~
大阪 梅田の歯医者 カツベ歯科クリニック

無痛治療をする梅田の歯医者 カツベ歯科クリニック
実績多数のインプラント治療 カツベ歯科クリニック
高度医療技術者による歯周病治療 カツベ歯科クリニック

カテゴリー名:スタディグループNHK