大阪・梅田の歯医者が教える虫歯の進行度による治療の違い

大阪・梅田の歯医者 カツベ歯科クリニック

虫歯は進行度によって歯医者で治療する方法が異なることはご存知でしょうか。虫歯には初期から重度に至るまでいくつかのステージがあり、それぞれC0~C4の5段階に分類されます。それでは、虫歯の進行度合いと治療について見ていきましょう。

 

C0の初期虫歯

C0は歯の表面のエナメル質が溶け、白く濁ったり、溝が茶色くなったりします。痛みはなく、適切な歯みがきをすることで治ることもあります。

 

C1のエナメル質の虫歯

C1はエナメル質のみが溶け小さな穴が空いた状態です。C1の状態を歯みがきで治すことは難しいですが、歯を削る範囲も比較的小さく、レジン(歯科用プラスチック)で治療することになります。

 

C2の象牙質の虫歯

エナメル質の下の層の象牙質まで虫歯が進行した状態です。このステージまでくると神経も近くなるため、冷たいものがしみるなどの症状が出てきます。通常であれば虫歯を削ったあとにインレーやレジンで治療をしますが、神経の近くまで虫歯が達している場合は神経を取ることもあります。

 

C3の神経まで達した虫歯

歯の神経まで虫歯が進行した状態です。神経が炎症するためひどい痛みを感じます。治療は神経を取ったあとに、神経が入っていた管を消毒し、クラウンという被せ物をします。

 

C4の残根状態

歯の上部が虫歯でなくなし、根っこしか残ってない状態です。このステージでは神経は死んでしまい、痛みを感じることはありません。通常は抜歯後にインプラントやブリッジ、入れ歯での治療になります。

 

まとめ

虫歯の進行度合いによって治療が異なることをご理解いただけたでしょうか。しかし、本当の虫歯の治療はこれまでに述べた治療をするのではなく、食生活や歯みがきなど生活習慣そのものを見直すことです。もし虫歯になった場合はお早めに歯医者へご相談ください。

 

☆その他、カツベ歯科クリニックのつぶやきはこちら☆

1.大阪・梅田の歯医者で痛くない無痛治療

2.日本顎咬合学会にて院長と当院スタッフが講演をおこないました

3.梅田の歯医者がオススメする痛くない無痛治療

4.口腔内写真の撮り方について講演をおこないました

5.口腔ケアの定着を目指して ~ミャンマーでの歯科ボランティア~

 



~歯科界を牽引する高度な技術・生涯を見据えた良質な歯科医療~
梅田カツベ歯科クリニック 梅田(東梅田・北新地)インプラント治療

大阪駅|梅田駅で最新のインプラント治療
大阪駅|梅田駅で重度歯周病を治す

カテゴリー名:日々のつぶやき