顎関節症のリスクを減らそう

歯が常に接触していると顎関節症のリスクが出てきます。もし顎がパキッ・シャリと鳴っていたら一度意識してみると良いかもしれません。

 

顎関節症は噛み合わせは悪くなくてもなります

顎関節症は噛み合わせが悪いとなる印象がありますが、実は噛み合わせが悪くなくても顎関節症になります。この謎を解き明かすカギが歯を接触するクセです。歯を接触させていると悪い噛み合わせの影響が顎関節に出やすく、噛み合わせに問題がなくても噛む筋肉が活動し続け疲労することにより、顎関節も摩擦し滑りが悪くなり顎関節症のリスクとなるのです。

 

歯の接触グセの他にリスクとなる週間

歯の接触グセ以外で顎関節症になるリスクとして次のものが考えられます。

 ・腕枕

 ・受話器の肩ばさみ

 ・片側ばかりで噛む

 ・うつぶせ寝

 ・歯ぎしり

 ・高い枕

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。もし顎関節症でお悩みの方はこれらのリスクに気を付け、少しでも改善するようにしましょう。

梅田の歯医者 カツベ歯科クリニック

 

☆その他、カツベ歯科クリニックのつぶやきはこちら☆

1.入れ歯が痛いその原因は?

2.歯ぎしりや食いしばりで歯が欠ける

3.ラシャスリップス(Luscious Lips)をスタッフが使ってみました

4.マイクロスコープを使った歯周病治療など(NHK例会)に参加しました

5.歯の神経を残すには虫歯の初期治療が重要です

 

 


~歯科界を牽引する高度な技術・生涯を見据えた良質な歯科医療~
梅田カツベ歯科クリニック 梅田(東梅田・北新地)インプラント治療

大阪駅|梅田駅で最新のインプラント治療
大阪駅|梅田駅で重度歯周病を治す

カテゴリー名:日々のつぶやき