フロスを使って歯と歯の間のお手入れを

歯と歯の間のお手入れは絶対に必要です

歯ブラシは歯の汚れを落とすためにしますが、歯と歯の間は歯ブラシが届きにくい場所のためプラークが残りやすくなります。歯ブラシだけで取り除くことが出来るプラークの量は全体の60%程度ですが、フロスを併用することで85%のプラークを取り除けるのです。その結果、虫歯や歯周病になりにくい口内環境を保つことが出来ます。

フロスを使う際の注意点

まずフロスを使う頻度ですが、少なくても1日1回は使うようにしましょう。その際に歯ぐきを何度も傷付けていると歯ぐきが下がってしまうので、傷付けないようにフロスをするようにして下さい。また、糸が引っかかたり、ほつれたりする場合は虫歯か歯石が付いている可能性があるので注意しましょう。

まとめ

ご自宅でケアをする場合、フロスも使う事はとても大切です。しかし、フロスを使ったとしても綺麗に出来るのはお口全体の85%で、残りの15%をご自身でやろうと思うと難しい面もあります。そのため数ヶ月に一度、プロによるケアを受ける事が重要になるのです。

☆その他、カツベ歯科クリニックのつぶやきはこちら☆

1.高度根管治療を可能にするマイクロスコープ

2.歯科の勉強会に参加して技工技術等を学びました

3.セラミック矯正のリスクについて

4.オールセラミックを用いた審美治療とマイクロスコープについて講演しました

5.すきっ歯(正中離開)をラミネートベニアで治療する

~歯科界を牽引する高度な技術・生涯を見据えた良質な歯科医療~
梅田カツベ歯科クリニック (東梅田・北新地)マウスピース矯正(インビザライン)

大阪駅|梅田駅で最新のインプラント治療
大阪駅|梅田駅で重度歯周病を治す