これからのエンドの可能性(NHK例会)の講習に参加しました

9月27日(水)の診療後に大阪市西区にある株式会社ヨシダにて、

当院のスタッフ全員で歯科の勉強会(NHK例会)に参加しました。

今回は特別講演として大阪SJCD理事の小林 実先生より

「歯内療法 これからのエンドの可能性」というテーマで講演をおこなっていただきました。

歯内療法NHK勉強会 歯内療法NHK勉強会-2

歯を削り被せ物を付けることは簡単ですが、その被せ物も一生使えるわけではありません。

義手や義足も作ったら一生使えるわけではないのと同じです。

人工物である義歯も平均7年ほどでダメになり、作り直しが必要になります。

 

一方でエンドで治療ができれば被せ物を付けることなく、

天然の歯が残せるためご自身の歯で長く食事をしていただくことができます。

しかし日本の保険制度で高度なエンドの治療をおこなうのは難しく、

歯を残されることを希望する患者さまには自費でのご案内となります。

 

患者の皆さまにはぜひこのような選択肢があることも知っていただき、

また私どもより良い歯科医療を提供できるよう、研鑽してまいりたいと思います。

 


~歯科界を牽引する高度な技術・生涯を見据えた良質な歯科医療~
大阪 梅田の歯医者 カツベ歯科クリニック

大阪市北区で良い口コミの歯医者
大阪で高度なインプラント治療をするなら
重度歯周病も治す 梅田駅周辺の歯医者

カテゴリー名:スタディグループNHK