口腔内写真の撮り方について講演をおこないました

歯科技工士の長嶋がSJCD技工士部会という歯科の勉強会にて、口腔内写真の撮り方について講演をおこないました。

口腔内写真を撮る主な目的は、1.診査診断での使用、2.患者さまの変化を記録として残す、3.患者さまに写真を見せることでモチベーションアップを図る、ということが挙げられます。

しかし、これらを満たすためには常に一定の規格かつ目で見えるのと同じように撮影する必要があります。カラーバランスやフォーカスを意識し、患者さまの虫歯や歯周病がどのように変化したか、インプラントや入れ歯の予後はどうか、など口腔内写真は様々な場面で役立つものです。

今後も診療にかかわる技術レベルを向上させ、より一層良い歯科医療を提供できるよう頑張ってまいります。

 大阪・梅田の歯医者 カツベ歯科クリニック

大阪・梅田の歯医者 カツベ歯科クリニック

 

☆その他、カツベ歯科クリニックのつぶやきはこちら☆

1.口腔ケアの定着を目指して ~ミャンマーでの歯科ボランティア~

2.口臭検査と唾液検査を特別価格で実施しています

3.日本顎咬合学会に向けての予演会をしました

4.歯周病治療について講演をしました(NHKパピヨン)

5.支台歯形成の美しさを競うグランプリで優勝しました!

 



~歯科界を牽引する高度な技術・生涯を見据えた良質な歯科医療~
梅田カツベ歯科クリニック 梅田(東梅田・北新地)インプラント治療

大阪駅|梅田駅で最新のインプラント治療
大阪駅|梅田駅で重度歯周病を治す

カテゴリー名:日々のつぶやき