歯周病で下がった歯ぐきを取り戻すルートカバーテクニック(根面被覆術)

院長の執筆がデンタルダイヤモンドという歯科雑誌に掲載されました。

今回掲載されたルートカバーテクニック(根面被覆術)とは、歯肉移植によって歯ぐきの高さと厚みを取り戻す治療です。歯周病などが原因で下がった歯ぐきを、上顎の部分から組織を採取し移植することで見栄えの良い歯ぐきにします。

「歯ぐきが下がっていて気になる」「歯ぐきが気になって笑顔が作りにくい」とお悩みの方は、ぜひ一度ご相談ください。

大阪・梅田の歯医者 カツベ歯科クリニック

 

☆その他、カツベ歯科クリニックのつぶやきはこちら☆

1.糖尿病と歯科の関係について講演をしました

2.審美を目的としたセラミック治療の勉強会に参加しました

3.梅田の歯医者で放置した虫歯を治療する

4.糖尿病と歯周病の相互関係について講演をしました

5.初期の虫歯を削らず治す

 



~歯科界を牽引する高度な技術・生涯を見据えた良質な歯科医療~
梅田カツベ歯科クリニック 梅田(東梅田・北新地)インプラント治療

大阪駅|梅田駅で最新のインプラント治療
大阪駅|梅田駅で重度歯周病を治す

カテゴリー名:日々のつぶやき