日本顎咬合学会学術大会に参加しました

日本顎咬合学会学術大会(東京国際フォーラムで開催)に

当院 院長が6月10,11日と参加してきました。

日本顎咬合学会は日本の歯科の学会でも最大となっており、

咬み合わせと全身との関係を科学的に

研究し解明していくことを目的としています。

院長は当学会の指導医(大阪で7名)になっており、

当院とも非常に関係性の高い学会です。

 

当日は著名なさまざまな歯科関係者の方々が参加し、発表する中で、

院長も大勢の聴衆の前で発表する機会をいただきました。

 

歯科界も新しい技術がどんどん入ってきて治療も進化していくため、

大変興味深く、意義のある学術大会でした。

 

これからも勉強を続け、一本でも多くの歯を残せるよう

日々頑張っていきたいと思います。

 
 
 
~歯科界を牽引する高度な技術・生涯を見据えた良質な歯科医療~
大阪 梅田の歯医者 カツベ歯科クリニック

大阪市北区の歯医者 カツベ歯科クリニック
梅田|東梅田の歯医者 インプラント治療について
梅田|東梅田の歯医者 歯周病治療について

カテゴリー名:日々のつぶやき, 活動内容報告