インプラントは顎の骨を守ります

歯が無くなると顎の骨は減ります

顎の骨は噛むときに歯から伝わる刺激を受けて骨を維持しているのですが、歯が無くなると刺激が伝わらないため顎の骨は急速に減っていきます。その減る量は上下入れ歯の方で5年間で5ミリといわれています。骨が無くなるとインプラント治療も出来なくなるため、治療の幅を残しておくことは大変有効です。

 

インプラントを入れると顎の骨の減りが止まります

インプラントを入れると、インプラントが歯と同じ刺激を顎の骨に伝えるため、顎の骨は再び本来の役割を取り戻します。顎の骨は一度減ると再生することはありません。ご自身の体を健康に保つため、判断材料の一つにしていただけたらと思います。

カツベ歯科クリニック

 

☆その他、インプラントに関する記事はこちら☆

1.インプラント手術の不安あれこれ

2.インプラントも歯周病になります

3.歯周病で歯を失った場合のインプラント治療

4.歯がない場合の治療はインプラントか?ブリッジか?

5.前歯のインプラントで歯が綺麗を実現します

 



~歯科界を牽引する高度な技術・生涯を見据えた良質な歯科医療~
梅田カツベ歯科クリニック 梅田(東梅田・北新地)インプラント治療

大阪駅|梅田駅で最新のインプラント治療
大阪駅|梅田駅で重度歯周病を治す

カテゴリー名:インプラント

インプラント手術の不安あれこれ

インプラント手術は危険ですか?

手術中に神経・血管を気付付けるのでは?という不安を持たれる方も多いのではないでしょうか。インプラント手術においては今やCT画像は必須となっており、神経や血管を3次元的に正確に確認することで計画通りのインプラント手術をおこなうことができます。

 

手術は痛みですか?

麻酔をするため効いてしまえば痛みを感じることはありません。また骨には痛みを感じる神経がないため、インプラントを埋め込む際にも痛みの心配はありません。それでも不安な方は精脈内鎮静法による麻酔や笑気麻酔もあるためお申し付けください。

 

骨粗鬆症の場合インプラント手術はできるか?

骨密度が低い場合、インプラントと骨が結合しにくくなるため手術をおこなわない場合があるのですが、骨密度を上げて手術する方法もあります。また処方されているお薬を最低3ヶ月服用を中止しただく必要もあります。

 

まとめ

インプラントは外科手術を伴うため不安に思われる方もいらっしゃると思います。そのような不安も密なカウンセリングで一つずつ解消していきますので、お気軽にお問い合わせください。

カツベ歯科クリニック

 

☆その他、インプラントに関する記事はこちら☆

1.インプラントも歯周病になります

2.歯周病で歯を失った場合のインプラント治療

3.歯がない場合の治療はインプラントか?ブリッジか?

4.前歯のインプラントで歯が綺麗を実現します

5.奥歯のインプラント治療をする際の注意点

 



~歯科界を牽引する高度な技術・生涯を見据えた良質な歯科医療~
梅田カツベ歯科クリニック 梅田(東梅田・北新地)インプラント治療

大阪駅|梅田駅で最新のインプラント治療
大阪駅|梅田駅で重度歯周病を治す

カテゴリー名:インプラント

インプラントも歯周病になります

インプラントの周りにプラーク(歯垢)や歯石が溜まると、天然の歯と同じように歯ぐきに炎症が起き、インプラントを支える骨が溶けてしまいます。このようにインプラントが歯周病になることを「インプラント周囲炎」と呼びます。

 

インプラントのお手入れの仕方

インプラントが入っている歯ぐきは天然の歯と比べると多少フィット感は弱まります。そのため、天然の歯と同じ歯ブラシを使うと強すぎる面があるため、インプラント専用の柔らかい歯ブラシを使うと安心です。

また定期的に歯医者に通い、プロによるクリーニングでしっかりと清潔に保てるよう心掛けましょう。

 

年を取ってもインプラントを長く使い続けるために

インプラントは高価な治療のため、インプラントを入れた時は良いかもしれないけど、数十年後も使い続けられるか?という疑問は誰もが持つと思います。

そのためにはご自身でのメンテナンスをしっかりとして頂くことがとても大切になりますので、メンテナンス方法に疑問等ある方はお気軽にお問合せください。

カツベ歯科クリニック

 

☆その他、インプラントに関する記事はこちら☆

1.歯周病で歯を失った場合のインプラント治療

2.歯がない場合の治療はインプラントか?ブリッジか?

3.前歯のインプラントで歯が綺麗を実現します

4.奥歯のインプラント治療をする際の注意点

5.前歯のインプラント治療をする際の注意点

 

 


~歯科界を牽引する高度な技術・生涯を見据えた良質な歯科医療~
梅田カツベ歯科クリニック 梅田(東梅田・北新地)インプラント治療

大阪駅|梅田駅で最新のインプラント治療
大阪駅|梅田駅で重度歯周病を治す

カテゴリー名:インプラント

歯周病で歯を失った場合のインプラント治療

30代にさしかかると目立ってくるのが歯周病により歯を失うケースです。歯周病は歯を支える骨が炎症によって少しずつ奪われていき、結果的に歯が抜けてしまいます。

 

インプラント治療の前に歯周病を治す必要があります

歯周病の状態でインプラント治療をしても骨がどんどん失われていくので、インプラントを固定することができません。

そのため徹底的にプラーク(歯垢)や歯石を取り除き、歯磨きの意識を高めていただくなどして歯周病治療に全力を尽くす必要があります。

 

インプラント治療での注意点

歯周病により骨が失われている場合は人工的に骨を作り出す必要があります。また歯周病再発によりインプラントを失わないよう、しっかりと歯医者へメンテナンスへ通い綺麗な状態を保つ必要があります。

術前 カツベ歯科クリニック 術後 カツベ歯科クリニック

 

☆その他、インプラントに関する記事はこちら☆

1.歯がない場合の治療はインプラントか?ブリッジか?

2.前歯のインプラントで歯が綺麗を実現します

3.奥歯のインプラント治療をする際の注意点

4.前歯のインプラント治療をする際の注意点

5.インプラントブリッジで前歯を治療した症例

 



~歯科界を牽引する高度な技術・生涯を見据えた良質な歯科医療~
梅田カツベ歯科クリニック 梅田(東梅田・北新地)インプラント治療

大阪駅|梅田駅で最新のインプラント治療
大阪駅|梅田駅で重度歯周病を治す

カテゴリー名:インプラント

歯がない場合の治療はインプラントか?ブリッジか?

歯がない箇所を補う方法として、インプラントやブリッジ、入れ歯が考えられますが、今回は皆さんが迷われると思うインプラントとブリッジでの治療の比較を考えてみたいと思います。

 

ブリッジとは

ブリッジは歯がない両端を支台歯として、橋を架けるように被せ物を装着します。支台歯が両端に必要となり、健康な歯を支台歯のために削ってしまうと、その歯自身の寿命が短くなるなどのデメリットがあります。メリットは保険が効くため安価に治療が可能です。

ブリッジ カツベ歯科クリニック

 

10代~20代の若い人が歯を失った場合はインプラントが良い

若い人が歯を失った場合は年配の方と比較して、周りの歯は比較的健康です。そのため、ブリッジでの治療を選択すると健康な歯を削るケースが多くなり、結果削った歯が将来ダメになるという状況が想定されます。

そのため周りの歯にダメージを与えず治療ができるインプラントがとても有効です。これからの長い人生、せっかくの良い歯を削らずできるインプラント治療は大きなメリットであるといえます。

 

まとめ

歯を失った場合、その人の年齢やお口の状況によって最適な治療方法は様々に違います。お悩みのある方は一度当院にカウンセリングにお越しください。

 

☆その他、インプラントに関する記事はこちら☆

1.前歯のインプラントで歯が綺麗を実現します

2.奥歯のインプラント治療をする際の注意点

3.前歯のインプラント治療をする際の注意点

4.インプラントブリッジで前歯を治療した症例

5.前歯のインプラントを審美的に治療をした症例

 



~歯科界を牽引する高度な技術・生涯を見据えた良質な歯科医療~
梅田カツベ歯科クリニック 梅田(東梅田・北新地)インプラント治療

大阪駅|梅田駅で最新のインプラント治療
大阪駅|梅田駅で重度歯周病を治す

カテゴリー名:インプラント

前歯のインプラントで歯が綺麗を実現します

欠損している前歯をインプラントにて治療をした症例です。

インプラント カツベ歯科クリニック

インプラント治療後の写真です。

一目見ただけではどの歯を治療したのか、どこにインプラントが入っているのかがわからないと思います。機能面はもちろんですが、審美面も十分に考慮した治療が大切です。

インプラント カツベ歯科クリニック

レントゲン写真でもインプラントが入っていることがわかります。

インプラント カツベ歯科クリニック

前歯の治療は見た目の面でも精度の高い治療が求められます。

ただ噛めるだけの歯ではなく、素敵な笑顔で美味しくご飯を食べていただきたいと思います。

 

☆その他、インプラントに関する記事はこちら☆

1.奥歯のインプラント治療をする際の注意点

2.前歯のインプラント治療をする際の注意点

3.インプラントブリッジで前歯を治療した症例

4.前歯のインプラントを審美的に治療をした症例

5.歯周病が進行した状態からインプラントを用いて治療をした症例

 



~歯科界を牽引する高度な技術・生涯を見据えた良質な歯科医療~
【インプラント】梅田カツベ歯科クリニック 大阪駅すぐの歯医者

大阪駅|梅田駅で最新のインプラント治療
大阪駅|梅田駅で重度歯周病を治す

カテゴリー名:インプラント

奥歯のインプラント治療をする際の注意点

よく噛めることが大切です

天然の歯は健康であっても少しは動くのですが、インプラントは骨とくっつくと全く動かなくなります。

そのインプラントに被せ物をすると当然固い物も噛めると思いますが、実際はそんなに単純ではありません。

よく噛めるということは歯の一番大切な役割ですが、ただ上下に歯があれば噛めるというわけではなく、大切な要件がいくつかあります。

 

被せ物にしわや溝があり、山と谷があるか?

被せ物にはしわと溝、山と谷があることが重要です。
噛み合わせをする面が平面になっていると物を噛むことができません。

カツベ歯科クリニック 

 

上下の歯がしっかりと噛み合っているか?

噛み合わせをする歯が下図の3点でしっかりとはまり込むことで、食べ物を細かく噛み砕くことができます。

カツベ歯科クリニック

 

咬合平面の高さが左右で合っているか?

咬合平面とは前歯と奥歯を線で結んだ面のことで、この高さが右と左で違っているととても噛みづらくなります。

また平面が違っていると顎に負担がかかるため、顎関節症の原因にもなります。

カツベ歯科クリニック

補綴学的に誤った形の被せ物を作ると、せっかく入れた歯がまったく噛めないという状況になります。

当院では知識の持った歯科医師はもちろん、歯科技工士も院内に常駐しているため、密なコミュニケーションと的確な注文で、より質の高い被せ物を作成します。

 

☆その他、インプラントに関する記事はこちら☆

1.前歯のインプラント治療をする際の注意点

2.インプラントブリッジで前歯を治療した症例

3.前歯のインプラントを審美的に治療をした症例

4.歯周病が進行した状態からインプラントを用いて治療をした症例

5.インプラントとセラミック治療で審美的に噛み合わせを回復した症例

 



~歯科界を牽引する高度な技術・生涯を見据えた良質な歯科医療~
【インプラント】梅田カツベ歯科クリニック 大阪駅すぐの歯医者

大阪駅|梅田駅で最新のインプラント治療
大阪駅|梅田駅で重度歯周病を治す

カテゴリー名:インプラント

前歯のインプラント治療をする際の注意点

前歯のインプラントは奥歯のインプラントとはまた違った注意点があります。

ここではその注意点について、ご紹介したいと思います。

 

審美的に見栄え良く仕上げる

前歯の場合、機能面はもちろんですが見た目も非常に重要になります。

周りの歯と調和のとれた自然な仕上がりにし、また被せ物と歯ぐきとの境目を黒くさせないといのは、施術する歯科医師の技術と経験に左右されます。

審美性よく仕上げるというのは難易度の高い治療になります。

 

骨が薄い

前歯は奥歯と比較して大きな力が加わることがないため、歯を支える骨が薄くなっています。

また手術の刺激で骨が吸収(溶ける)こともあり、そうなると見た目が悪くなるばかりかインプラントを支えることも難しくなります。

 

歯ぐきが下がる

上記で述べた骨が吸収される事象が起こると、それに伴い歯ぐきが下がってしまいます。

歯ぐきが下がってしまうと周りの歯と比べて大きく見えるようになり、見た目の面でも不利な要素になってしまいます。

 

噛み合わせ

前歯の場合も奥歯と同様、噛み合わせが大切です。

噛み合わせが悪いと物を噛み切ることができませんが、逆に歯を当てすぎると歯が欠けてしまう恐れがあります。

このバランスを考えながら噛み合わせよく作るというのは、奥歯のインプラントにはない難しさがあります。

 

まとめ

前歯のインプラントにも様々な注意点があることをご紹介しました。

骨の厚みが十分でない場合は骨造成術などで骨を増やすこともあり、術後のメインテナンスも含めて慎重に治療計画を立てて下さい。

またインプラントは自分の骨に穴を開けておこなう手術です。

当院には国内最高水準の設備を技術を持った歯科医師がいますが、くれぐれもご自身が信頼のできる歯科医院で行って頂くようお願いします。

カツベ歯科クリニック

 

☆その他、インプラントに関する記事はこちら☆

1.インプラントブリッジで前歯を治療した症例

2.前歯のインプラントを審美的に治療をした症例

3.歯周病が進行した状態からインプラントを用いて治療をした症例

4.インプラントとセラミック治療で審美的に噛み合わせを回復した症例

5.インプラント治療の症例が書籍で紹介されました

 



~歯科界を牽引する高度な技術・生涯を見据えた良質な歯科医療~
【インプラント】梅田カツベ歯科クリニック 大阪駅すぐの歯医者

大阪駅|梅田駅で最新のインプラント治療
大阪駅|梅田駅で重度歯周病を治す

カテゴリー名:インプラント

インプラントブリッジで前歯を治療した症例

前歯4本の治療が必要となった症例です。

インプラントブリッジ カツベ歯科クリニック

このように歯が連続して失われた場合は、全てインプラントにすると費用もかかるため、両端の歯をインプラントの支台歯として、川に架かる橋のようにブリッジを装着します。

(ブリッジのイメージ)

インプラントブリッジ カツベ歯科クリニック

前歯から一つ奥の歯にインプラントを埋入し、そこを支台歯としてブリッジを装着していきます。

下記がインプラントブリッジをセットした状態です。

インプラントの箇所と前歯2本を比較しても、違和感なく仕上がっています。

インプラントブリッジ カツベ歯科クリニック

レントゲン写真です。

前歯2本の根元には何もないことがわかります。

インプラントブリッジ カツベ歯科クリニック

インプラント治療後も定期健診でのチェックはとても大切です。

この患者様は定期健診にも通われ、現在もとても綺麗な状態を保たれております。

 

☆その他、インプラントに関する記事はこちら☆

1.前歯のインプラントを審美的に治療をした症例

2.歯周病が進行した状態からインプラントを用いて治療をした症例

3.インプラントとセラミック治療で審美的に噛み合わせを回復した症例

4.インプラント治療の症例が書籍で紹介されました

5.前歯2本をインプラント治療した症例のご紹介

  



~歯科界を牽引する高度な技術・生涯を見据えた良質な歯科医療~
【インプラント】梅田カツベ歯科クリニック 大阪駅すぐの歯医者

大阪駅|梅田駅で最新のインプラント治療
大阪駅|梅田駅で重度歯周病を治す

カテゴリー名:インプラント

前歯のインプラントを審美的に治療をした症例

前歯をインプラントにて治療をした症例です。

前歯の治療は奥歯と違い、審美性も最大限考慮して対応する必要があります。

これはインプラントに限らず、どの治療をする際にも気を付けなければなりません。

インプラント カツベ歯科クリニック

以下が治療後の写真です。

天然の歯と人工の歯の見分けはつかないと思います。

また歯ぐきと歯の境目もすごく自然な立ち上がりです。

(技術のついてこない治療だと、この境目が黒ずんだりします)

インプラント カツベ歯科クリニック

インプラントが埋入されているレントゲンです。

インプラント カツベ歯科クリニック

インプラントは自分の骨に穴を開けておこなう治療です。

そのためご自身が信頼し納得できる歯科医院で治療をおこなってください。

 

☆その他、インプラントに関する記事はこちら☆

1.歯周病が進行した状態からインプラントを用いて治療をした症例

2.インプラントとセラミック治療で審美的に噛み合わせを回復した症例

3.インプラント治療の症例が書籍で紹介されました

4.前歯2本をインプラント治療した症例のご紹介

5.インプラントとセラミック治療で審美改善をした症例のご紹介

 



~歯科界を牽引する高度な技術・生涯を見据えた良質な歯科医療~
【インプラント】梅田カツベ歯科クリニック 大阪駅すぐの歯医者

大阪駅|梅田駅で最新のインプラント治療
大阪駅|梅田駅で重度歯周病を治す

カテゴリー名:インプラント