ハイアングルのケースに対する咬合再構成(NHK-B)

9月15日(金)の診療後に大阪市中央区にある株式会社LAZARUSにて、

当院の歯科医師・歯科技工士で歯科の勉強会(NHK-B)に参加しました。

今回は当院より歯科医師の大塚が「ハイアングルのケースに対する咬合再構成」というテーマで講演をおこないました。

NHKB勉強会

ハイアングルの対義語にはローアングルがあり、これらは横顔の骨格の状態で分けられます。

ハイアングルとローアングルにはそれぞれ以下の特徴があり、

これら特徴を踏まえた治療計画を立てることが重要です。

 

◆ハイアングルの特徴

1.噛む力が弱い

2.下顔面が長くなる傾向にある

3.よく口呼吸をする

4.口唇を抑える力が弱いため、口が開きやすい

5.舌をかみやすい

6.歯がすり減り、下顎が後方へ移動する

 

◆ローアングルの特徴

1.噛む力が強い

2.歯がすり減ることで下顔面が短くなる傾向にある

3.歯に負担がかかりやすい噛み合わせになる

4.前歯のかみあわせが深い

5.奥歯がだめになり易い

6.下顎は前方へ移動する

 

また他院の歯科医師と歯科技工士からはそれぞれ、

「ラミネートベニアとオールセラミックの前歯部修復」と

「デジタル技工の可能性」というテーマでお話しをいただき、

とても勉強になった会になりました。



~歯科界を牽引する高度な技術・生涯を見据えた良質な歯科医療~
大阪 梅田の歯医者 カツベ歯科クリニック

無痛治療をする梅田の歯医者 カツベ歯科クリニック
実績多数のインプラント治療 カツベ歯科クリニック
高度医療技術者による歯周病治療 カツベ歯科クリニック

カテゴリー名:スタディグループNHK

歯医者が教えるインプラント治療の安全性のホント

インプラント治療は今や世界中に普及しており、

最近ではテレビでもよく目にするなど一般の方々にとって標準的な治療となりました。

しかし一方でインプラント治療の成功率は90%以上と言われる現代においても、

外科手術が伴う治療のため、実際に手術を受けられる患者さまには

少なからず不安に思うことがあるのではないでしょうか。

 

ここではインプラント治療の安全性について、

皆さまが感じておられる疑問の回答と解説、

安全に治療を終えるための歯科医院選びのポイントを歯医者からの目線でご紹介したいと思います。

続きはカツベ歯科クリニックのインプラント専門サイトへ

 

インプラント患者

 



~歯科界を牽引する高度な技術・生涯を見据えた良質な歯科医療~
大阪 梅田の歯医者 カツベ歯科クリニック

大阪駅|梅田駅の歯科 カツベ歯科クリニック
大阪で成功するインプラント治療
大阪駅|梅田駅の歯周病治療はこちら

カテゴリー名:インプラント

カツベ歯科クリニックOBからのメッセージを紹介|たじま歯科クリニック 田島様

高槻市で開業しているたじま歯科クリニックの田島です。

カツベ歯科クリニックには開業するまでの約3年間お世話になりました。

カツベ歯科で一番印象に残っているのは院長のお人柄です。

院長はこれまでに会ったことがないようなとにかくポジティブで仕事に対して熱い人です。

とにかく歯科治療に対して貪欲に知識、技術を吸収し、それを患者さんに還元できるようにと努力されていました。

診療後や、休日もほとんど勉強会に参加しており、尊敬する院長に出会えたことが歯科人生の財産になりました。

カツベ歯科クリニックOBからのメッセージを紹介|みやざき歯科診療所 宮崎様

私は大学での臨床研修を終えてから4年間カツベ歯科にお世話になりました。

私がカツベ歯科にお世話になる前、臨床研修医の時は、大学で学んだことと実際の臨床現場でのギャップや、自分自身の歯科医としての未熟さを思い知らされ、しっかりと勉強しないとこのままではヤバイ!と感じている頃でした。

そんな時、大学の求人情報に載っていた“SJCDベーシックコースインストラクター”の文字を目にして、ここならしっかりとした事を学べるのでは!と思いカツベ歯科の門を叩きました。

実際に入ってからは、形成の練習やケース発表などを通じて臨床的な知識や技術を学ばせていただいたのと同時に、常に「患者さんにとって最善・最良の方法で治療するにはどうすべきか」ということを院長や先輩Dr、DTやDHとディスカッションしていた日々が今の私の歯科医師としての基盤になっていると感じています。

カツベ歯科にはDrはもちろん、DTやDH、DAから受付まで最高にレベルの高いスタッフが揃っていて、そんなスタッフの中で仕事ができることは他ではなかなか経験できないことだと思います。

また診療以外の仕事(雑務や院内のミーティングなども含めて)、スタディーグループでの活動の経験や出会いが、人間として、社会人として成長させてくれた大きな財産となったと感じています。

私自身カツベ歯科でお世話になっていた4年間はとても充実した毎日で、最高に楽しい思い出ばかりが心に残っています。

大学を卒業したばかりのDrにとって、必要なものはカツベ歯科に全てある!といっても過言ではありません!あくまで自分の努力次第ですが、思いっきり仕事に打ちこめる環境で、志の高い仲間に囲まれて、歯科医師として、人間としても思いっきり成長して欲しいと思います!

みやざき歯科診療所
宮崎 鉄也

カツベ歯科クリニックOBからのメッセージを紹介|Iris Dental Laboratorio 鈴木様

勝部先生、並びにカツベ歯科クリニックスタッフの皆様、この度は御移転誠におめでとうごさいます。

Iris Dental Laboratorioの鈴木です。私は今から8年前にカツベ歯科クリニックにお世話になりました。

当時はまだ学生で、歯科治療はもちろんのこと社会人として無知の頃でした。

最初の一年間は学校へ行きながらクリニックで学ばせていただき、それから4年半勝部院長から様々な事を学ばせていただきました。

歯科への情熱・患者様への想い・技術向上のための努力、そして何より1人の人間、男としての生き方を教えて下さいました。

私事ではごさいますが、昨年歯科技工所を開設することができました。

勝部院長からの教えがなくてはここまで成長することは出来なかったと感じています。

まだまだ手探りではありますが、少しでもカツベ歯科クリニックの様な会社、そして勝部院長の様な男になれる様精進していけたらと思います。

カツベ歯科クリニックの今後益々の御活躍、御発展を心より願って挨拶とかえさせて頂きます。

Iris Dental Laboratorio 鈴木

セラミック治療の審美症例紹介

セラミック治療で歯全体の審美改善をした症例です。

治療前は前歯に色のあっていない被せ物が入っていたり、

その隣の歯には以前に治療をした痕のつなぎ目が変色していたりと、

見た目がとても悪い状態でした。

 

セラミック治療前

 

この患者さまは虫歯治療で来院されましたが、見た目もあまり気にされない方で保険での治療を希望されていました。

保険で治療を進める上で前歯に仮歯を1本入れたのですが、仮歯の状態でも見た目はかなり改善されるため、

それを見た患者さまに「もっと綺麗にしたい」という気持ちの変化があり、

再度カウンセリングをした結果、セラミックで審美治療を進めることになりました。

 

 セラミック治療後

 

治療後は以前とは比較にならないほど綺麗になり、患者さまにもとても満足いただいたので私たちも嬉しく思います。

今はメンテナンスにも通っていただき、この良い状態を維持しています。

 



~歯科界を牽引する高度な技術・生涯を見据えた良質な歯科医療~
大阪 梅田の歯医者 カツベ歯科クリニック

梅田駅で評判の歯医者 カツベ歯科クリニック
梅田で高度なインプラント治療 カツベ歯科クリニック
梅田駅周辺でおすすめの歯周病治療

カテゴリー名:審美治療

NHK例会の勉強会に参加しました(2017年8月30日)

8月30日(水)の診療後に大阪市西区にある株式会社ヨシダにて、

当院のスタッフ全員で歯科の勉強会(NHK例会)に参加しました。

今回は当院より歯科医師の大塚が「前歯部審美修復における、診査診断の重要性」というテーマで講演をおこないました。

 

患者さまがなぜこのような口腔内になったのか現状を把握し、そしてどのような治療をすれば回復するのかを見極める必要があります。

診査診断は当院においてもとても重要視しているテーマです。

 

今回も活発な意見交換ができ、とても勉強になった時間でした。

患者さまに最も良い歯科医療を提供できるよう、これからも研鑽してまいりたいと思います。

NHK例会

 



~歯科界を牽引する高度な技術・生涯を見据えた良質な歯科医療~
大阪 梅田の歯医者 カツベ歯科クリニック

梅田で高品質な歯科医療 カツベ歯科クリニック
梅田の歯医者でインプラントをするなら
梅田の歯医者 歯周病を治す

カテゴリー名:スタディグループNHK

NHK-Bの勉強会に参加しました(2017年8月28日)

8月28日(金)の診療後に大阪市中央区にある株式会社LAZARUSにて、

歯科医師と歯科技工士の勉強会(NHK-B)に参加しました。

今回は当院 歯科技工士の長嶋がラミネートベニアについて発表をしました。

勉強会20170828

 

ラミネートベニアとは歯の表面をわずかだけ削り、そこに薄い板を貼り付けて治療をする方法です。

ちょうど付け爪をイメージしていただくとわかり易いと思います。

ラミネートベニアは歯の変色や、歯の間に隙間がある治療に有効となり、以前まではこのような場合、歯の上にクラウンという被せ物するのが普通でしたが、そのためには健康な歯でも大きく削る必要がありました。

一方ラミネートベニアは表面を0.3~0.5mmだけ削るため、歯への影響を最小限に抑えて治療をすることができます。

 

以下がラミネートベニアで治療をした症例です。

ラミネートベニア

 

いかがでしたでしょうか。

ご相談はいつでも受け付けておりますので、気になる方がおられましたらご連絡お待ちしております。


 

~歯科界を牽引する高度な技術・生涯を見据えた良質な歯科医療~
大阪 梅田の歯医者 カツベ歯科クリニック

梅田|大阪の予防歯科 カツベ歯科クリニック
梅田|大阪 成功事例多数のインプラント治療
梅田|大阪 重度歯周病治療

カテゴリー名:スタディグループNHK

虫歯と知覚過敏の痛みの原因の違いとは?対処法を解説します

歯みがき

冷たいものを口に入れた時に歯が傷んだ場合、知覚過敏か虫歯なのか判断に迷う場合があります。

今回のブログでは「虫歯と知覚過敏の違い」についてお伝えし、対処法についても解説したいと思います。

 

1.虫歯と知覚過敏になる原因について

歯が痛い・しみるといったことは虫歯と知覚過敏の両方に見られる症状ですが、この症状に至るまでの原因はそれぞれ異なっています。

まずは、虫歯と知覚過敏になる原因の違いについて解説したいと思います。

 

1-1.虫歯になる原因はプラークに潜む細菌

歯をよく磨いていても虫歯になるのはなぜなのでしょうか?反対に歯をほとんど磨かないのに虫歯になりにくいという人もいます。

その差は虫歯菌がどれだけ口の中にいるかが大きく影響しており、その虫歯菌の中でも特に気を付けたいのがミュータンス菌です。

ミュータンス菌は歯の表面に付いたプラークの中に潜んでおり、糖分を栄養源に酸を出します。また炭水化物も分解されることで糖分に変わるため、砂糖を食べていなくても虫歯になることがあります。

歯の表面の「エナメル質」はとても硬い一方で、酸にはとても弱くなっています。ミュータンス菌が酸をどんどん生み出すとエナメル質が溶け、虫歯になってしまうのです。

 

C0:初期の虫歯

歯の表面のエナメル質が溶かされた状態です。透明感がなくなって白く濁ったように見えますが、まだ穴は開いていません。ブラッシングを適切におこなうことで、歯の再石灰化を促し治癒が期待できます。

C0

C1:エナメル質の虫歯

歯の表面のエナメル質に穴が開いた状態です。痛みを感じることはありませんが、虫歯を削り取る必要があります。

C1

C2:象牙質の虫歯

エナメル質のさらに内側にある象牙質に虫歯が進行した状態です。この状態になると冷たいものがしみたりといった症状が出ます。

C2

C3:神経にまで達している虫歯

象牙質のさらに奥にある神経に虫歯が進行した状態です。炎症を起こしているので何もせずにいる状態でも歯が痛みます。

C3

C4:残根状態の虫歯

歯の神経が死んでしまい、根っこだけが残った状態です。痛みは一旦治まりますが、根の先が膿むと再び痛み始めます。

C4

 

1-2.知覚過敏になる原因は、虫歯以外が要因となり象牙質が露出すること

知覚過敏は象牙質が露出し刺激を受けることで痛みが生じます。それでは、虫歯以外が原因で象牙質が露出する原因をご説明します。

 

①酸性の食品をよく食べる

歯の表面のエナメル質は酸に弱く、酸性の食べ物をよく食べていると歯が溶ける「酸蝕歯(さんしょくし)」と呼ばれる病気になります。エナメル質が溶けるということは象牙質が露出し、知覚過敏になる原因です。

 

②歯周病により歯茎が下がる

歯周病により歯茎が下がると象牙質が露出してしまいます。歯周病は自覚症状がほとんどなく進行していき、また自身で治すことも難しいため定期的な歯医者によるチェックと適切な治療が必要になります。

 

③力を入れて歯磨きをする

力を入れてゴシゴシと歯磨きをするとエナメル質が少しずつ削れて薄くなっていきます。汚れの溜まりやすい場所に注意しながら、やわらかい歯ブラシを使い、軽い力で磨くことが大切です。

 

④歯ぎしりや食いしばり

歯ぎしりや食いしばりが癖になると表面のエナメル質が摩耗していき、結果象牙質が露出してしまいます。このような人は対策として「マウスピース」を装着することをおすすめします。

 

⑤噛み合わせの悪さが原因となる

噛み合わせが悪い事で一部の歯に負担がかかると、その部分だけ歯が削れてしまい知覚過敏の原因となります。この場合は歯医者での歯列矯正で噛み合わせを改善する必要があります。

 

2.虫歯と知覚過敏の治療法について

虫歯と知覚過敏は原因が異なるため、もちろん治療法もそれぞれに適切な治療が必要です。ここでは一般的におこなわれる治療を確認したいと思います。

 

2-1.虫歯を治療するには「虫歯の除去」が必要です

虫歯の治療は「虫歯になった部分を取り除いた後に詰め物や被せ物をする」ことが基本の治し方です。ただし前述の虫歯の進行度合いによって詰め物の大きさや種類が変化するため、どのような治療になるか担当医にしっかりと確認しましょう。

 

2-2.知覚過敏の応急治療には歯磨き粉を使う

知覚過敏には「硝酸カリウム」という成分が含まれている歯磨き粉が有効です。この硝酸カリウムは歯の神経の周りにバリアを張り巡らすので、歯がしみて痛いという状況を緩和することができます。

しかし歯磨き粉はあくまで応急策として使用し、しっかりと治すには一度歯医者に見てもらい専用の接着剤を用いて象牙質を封鎖するなどの治療をして下さい。

 

3.まとめ

知覚過敏は日々の生活習慣によって引き起こされます。ご自身はどの原因に当てはまるのかをしっかりと理解し、その対策をすることが重要です。

しかし一度知覚過敏になると自然治癒には期待できないので、なるべく早く歯医者を受診するようにしてください。


 
~歯科界を牽引する高度な技術・生涯を見据えた良質な歯科医療~
大阪 梅田の歯医者 カツベ歯科クリニック

大阪|梅田の予防歯科 カツベ歯科クリニック
大阪|梅田で成功例多数 最新インプラント治療
大阪|梅田の重度歯周病治療

カテゴリー名:日々のつぶやき

世界初の歯周組織再生医薬品「リグロス」の講演会に参加しました

2017年8月7日(月)に歯科医師の高津と大塚がリグロスの講演会に参加しました。

リグロスとは世界初の歯周組織の再生医薬品で、2016年9月に承認されたばかりの新薬です。

これを診療に生かすことにより、日々の治療がより良いものになると考えております。

 

続きはカツベ歯科クリニックの歯周病専門サイトにてご覧ください。

 

リグロス



~歯科界を牽引する高度な技術・生涯を見据えた良質な歯科医療~
大阪 梅田の歯医者 カツベ歯科クリニック

梅田駅の有名な歯医者 カツベ歯科クリニック
梅田駅の歯科 最新設備によるインプラント治療
梅田駅の歯科 最新設備による歯周病治療

カテゴリー名:歯周病, 活動内容報告