当院の特徴・治療の流れについて

歯科界を牽引する高度な技術・生涯を見据えた良質な歯科医療

世界の歯科医療は日進月歩で進化し続けています。当院では、積極的にアメリカやヨーロッパなどの海外の勉強会に参加し、国内でも様々な歯科の勉強会で日々研鑽しております。そういった活動から常に最先端の情報に基づいた知識と技術を身につけ、治療にフィードバックし患者様へ最良の医療を提供しております。そして、世界・国内で得た知識と技術を若い歯科医師、歯科衛生士、歯科技工士に指導を行い、日本の歯科医療の発展のために貢献しています。

また、当院ではCT撮影装置、マイクロスコープ、血液遠心分離器などの最新医療機器を導入し、常に最良の設備を心がけております。これらの、最先端の技術・知識と最新の設備を柱に、良質な歯科治療を提供する、それがカツベ歯科クリニックの考える国内最高水準の歯科医療です。

長期安定を考慮した機能的かつ美しい口元を手に入れたい方は、ぜひ一度、当院へご相談ください。「国内最高水準の歯科治療」で、あなたの輝く笑顔と美しい口元をお手伝いしたいと願っております。

当院の診療方針コンセプト

国内での高水準な技術、そして精度の高い良質な歯科医療

カツベ歯科クリニックでは、悪くなった歯を治す部分的な治療は勿論の事、お口全体を考えた総合治療に重きをおいております。そのためには、様々な診査を行い、診断を的確に行い、なぜ今の状態になったのかを考えて治療することが非常に重要です。 一部の歯が悪くなったり、抜歯して欠損になるといろいろな問題が生じて咬み合わせにも悪影響を与えます。部分的な問題が、お口全体に影響を与えたり、逆にお口全体の問題が原因でその歯に問題が生じることも多くあります。

国内での高水準な技術、そして精度の高い良質な歯科医療

患者様のお口の中を、部分的な見方だけでなく、総合的に診断をして、より長持ちする治療を提供することが当院のコンセプトです。その為に、様々な検査を行い、診査・診断に力を入れ、最新の機材を使用し総合的な治療を行っております。審美的な理由ではなく、口腔内の長期安定を考えて矯正治療を提示することもあります。

時間をかけた丁寧な説明

国内での高水準な技術、そして精度の高い良質な歯科医療

歯科医院における患者様の不満のほとんどは、治療内容や計画などの説明不足によるものと言われています。当院では初診カウンセリングを行い、患者様の悩みをしっかりお伺いし、口腔内の状況を検査を行います。その検査結果をもとに、通院期間や治療法・費用などを患者様のご希望も含めて治療プランを立てています。

患者様のお口の中を、部分的な見方だけでなく、総合的に診断をして、より長持ちする治療を提供することが当院のコンセプトです。その為に、様々な検査を行い、診査・診断に力を入れ、最新の機材を使用し総合的な治療を行っております。

チーム医療について

トリートメントコーディネーター

カツベ歯科クリニックでは、インプラントを含めて全ての治療において、カウンセリングが第一だと考えています。まずは患者様の状態をうかがって、どのような治療があって、どれだけ選択肢があるのか、今自分の歯がどういう状態なのかなど、詳しくお話しします。また、費用や支払い方法など、お話ししにくい内容も、気兼ねなくご相談いただけるよう、専門のトリートメントコーディネーターがお話しを伺う機会も設けています。

歯科技工士

カツベ歯科クリニックでは、専属の技工士が在駐する技工室を院内に設置しています。本来、技工室というのは「歯科技工士専用の作業場」ですが、多くの歯科医院には専用の技工室がなく、ほとんどを院外の技工士に依頼しているのが現状です。そのため、被せ物などの作製に時間がかかり、治療期間も長くなってしまうのですが、カツベ歯科クリニックでは院内で作製・調整ができるため、スピーディーな治療をご提供することができます。また、被せ物や入れ歯の色や形の調整にも即座に対応できます。

ICOI国際口腔インプラント学会認定医によるインプラント治療

咬み合わせを考えた総合的な治療

カツベ歯科クリニックの院長(勝部義明)はICOI国際口腔インプラント学会のMastershipを2013年に所得しております。ICOIは世界最大規模のインプラント学術団体歯科継続教育を提供する最大の機関です。ICOI(International Congress of Oral Implantologists)は1972年に設立された国際的な口腔インプラント学会であり、アメリカ大陸、ヨーロッパ、アジア太平洋の3つの母体に分け、本部はアメリカに置かれています。すべての患者様によりよい歯科治療を提供するため、歯科医療従事者のインプラント教育に努めており、世界最大規 模のインプラント学術団体であると同時に、インプラントの継続教育を提供する最大の機関としての役割も果たしています。現在世界で加入されている専門医会員数約2万5千人であり、日本には約200人の認定医が存在します。

ICOIでは、インプラント治療における専門的知識と臨床経験に応じて、Fellowship, Mastership, Diplomateの3種類の資格を認定しています。資格申請は、インプラントの基礎と臨床、研究と実践のバランスを考慮し構成された各国の資格審査委員会により、厳正な審査(面接、症例発表、筆記試験など)を経たうえで認定されます。

各資格には3年ごとの更新制度があり、資格取得後も積極的に生涯研修、研鑽を積むことが必要です。国際学会であるICOIの認定資格は、そのインプラント歯科治療が高い信頼性を持つことを意味しています。MastershipはICOIの中でも特に技術を認められたインプラント医にしか認められない栄誉ある資格です。この資格取得には、Fellowshipよりも高度な条件が求められます。この資格により認められた技術で、世界基準のインプラント治療を提供したいと考えています。そして、安全で正確な治療を、皆さまにお届けできるよう心がけて参ります。
※他のドクターの場合でも、必ず院長を含めた全員で症例検討を行い、万全の体制で治療に望みます

IDI(歯科医療情報推進機構)の認証マークを所得

IDI(Institute of Dental Informations) 特定非営利活動法人歯科医療情報推進機構とは、歯科医院を審査・認証する、初の第三者評価機関です。カツベ歯科クリニックは、このIDIの認証マークを授与した歯科医院です。

IDI(歯科医療情報推進機構)とは、歯科診療に対する客観的で適切な情報を提供する第三者評価機関であるNPO法人歯科医療情報推進機構が、6つの項目について審査した結果、一定レベル以上であると認定された歯科医療機関に付与し、安心・安全な歯科医療機関として広く国民に情報提供するためのマークです。

咬み合わせを考えた総合的な治療

① 診療内容(Examination)
② 人的環境(Human Environment)
③ オフィス環境(Office Environment)
④ 運営環境(Administration Environment)
⑤ 管理環境(Management Environment)
⑥ 改善環境(Improvement Environment)

今、歯科の世界では、歯科診療所についての機能やサービスについて客観的で適切な情報を提供することが、患者さんや保険者から求められています。しかしわが国には、病院機能を評価するための機関は組織されましたが、歯科診療所機能を評価する体制はありませんでした。そのため早くから、歯科診療に関する客観的で適切な情報を提供する第三者機関の設置を求める声がありました。NPO法人歯科医療情報推進機構はそうした社会の要請に応えるため、志を高く持った歯科医療研究者や歯科診療所の自発的な参加・協力を得て、国内で初めて、歯科診療所の歯科医療機能を客観的に評価するために組織された第三者機関です。

カツベ歯科クリニックでは、第三者に評価されることによって、歯科医院として機能や診療、患者サービスの質を客観的に把握できると考え、認証マークを所得し、サービスの向上に務めています。

オーダーメイド治療

年間300本のインプラント治療の実績

当院では毎朝のモーニングカンファレンス及び、毎週1回行われる院内勉強会により立案されます。勤務している全ての歯科医師、歯科技工士、歯科衛生士が診査診断の時点で、理事長勝部のもと、意見交換を行うことで治療計画を立案しています。中にはどうしても答えの出ない難症例の場合もあるため、外部の専門医に指示を仰ぐことにより、間違いのない長期維持安定を目指した治療計画を患者様に提供しております。すなわち治療にあたる、担当歯科医師、衛生士、技工士はそれぞれ一人ずつですが、そこにはカツべ歯科クリニック全員分の知識が含まれた治療計画が存在します。そこまですることが、カツべ歯科クリニックの治療は長期間安定する口腔につながるのです。

患者様のお口の悩みをよりよい治療方法で解決する為、各個人の口腔内検査を実施しそのデータをもとに患者様個人のオーダーメイドの治療計画をお作り致します。また、出来るだけ歯を守り保存するベストな治療方針をご案内いたします。歯科治療を円滑に行うには患者様のご理解と協力が重要であると考え、納得し気持ちよく治療が進められるよう、必要があれば何度もカウンセリング、コンサルテーションを行います。決して治療をむやみやたらに行うことはございません。治療方法の選択は患者様に行っていただきます。

かみ合わせを考えた総合的な治療

国内での高水準な技術、そして精度の高い良質な歯科医療

「悪くなった歯を治療する」ことはもちろんですが、当院では悪くなった根本の原因を考え、今後悪くならないように再発防止を行います。歯は複数本あり、それぞれが密接に関係しており、歯の良好な状態を保つためには1本1本ではなく、口腔内全体を診断し、総合的に治療することが大切であると考えています。

建築物で例えると、建物を長持ちさせるためには基礎工事(土台)をしっかりと行うことが大切であるのと同様にお口の中も同じことが言えます。虫歯だけを治療してみても、かみ合わせが悪いとしっかり噛むことはできません。長い目で見るとかみ合わせが原因で歯周病が進行してしまい、抜歯になることもあります。かみ合わせを考慮した総合的な治療を行い、根本的な原因を取り除くことで歯の良好な状態を保つことができます。

できるだけ痛みを抑えた安心の治療

国内での高水準な技術、そして精度の高い良質な歯科医療

「歯科治療は怖い」というイメージがあるかもしれません。しかし医療の進歩とともに、痛みを抑えた「無痛治療」が可能になってきています。治療中の痛みを抑える麻酔注射をする際にも様々な工夫により痛みを大幅に軽減していますので、患者様にも「痛くなかった」というお声を頂いております。

継続的な海外・国内での研修

国内での高水準な技術、そして精度の高い良質な歯科医療

当院では、院長や勤務の歯科医師が積極的にアメリカやヨーロッパなどの海外の勉強会に参加し、国内でも様々な歯科の勉強会で日々研鑽しております。そういった活動から常に最先端の情報に基づいた知識と技術を身につけ、治療にフィードバックし患者様へ最良の医療を提供しております。そして、世界・国内で得た知識と技術を若い歯科医師、歯科衛生士、歯科技工士に指導を行い、日本の歯科医療の発展のために貢献しています。

日本での学会・スタディーグループでの講演活動・指導の内容

カツベ歯科クリニックでは、歯科界の発展のため、常に最先端の情報を外部に発信し、日々、学会や勉強会で講演活動を行っております。これらの講演活動は自己の研鑽のためにもなり、当院の患者様により良い治療を行うことに繋がります。

日本顎咬合学会での活動

日本顎咬合学会は日本最大規模の臨床医の学会です。咬合=噛み合わせは、歯科領域において根幹となる重要な位置付けであり、患者さまへの歯科治療の多くは咬合と密接に関連しています。2015年8月現在、日本顎咬合学会に全国で約9,000人の会員が在籍している中で、院長はそれらを指導する立場の指導医(全国に約200名、大阪では7名)、及び理事に認定されており、より質の高い治療のご提案、及び治療が行えます。

日本顎咬合学会では、院長が症例報告や学会員に指導を行っております。当院の歯科医師、歯科衛生士、歯科技工士、歯科助手、受付、トリートメントコーディネーターも東京国際フォーラムで毎年開催される日本顎咬合学会の学術大会で発表を行い、自己の研鑽をし、歯科界の活性化に貢献しています。

最新医療機器の導入

当院では確実で高度な診査・診断に基づいた世界最先端の歯科医療を提供するために、医療機器・治療設備にこだわっております。歯科用CTなどの先端医療機器、可能な限り無痛治療を実現するための様々な麻酔器具などを積極的に導入しております。衛生面でも大学病院レベルまで徹底した、感染予防対策を行っております。

高性能CTを導入

咬み合わせを考えた総合的な治療

カツベ歯科クリニックでは、歯科用CTスキャンを導入しておりますので、診断と治療をスムーズに行うことができます。特にインプラント治療においては、事前にCTで顎の骨の状態や神経の位置などを正確に把握し、安全で確実な治療を行うことが大切です。

CTの優れたところは、コンピュータ上で骨を「3D」で再現できるところです。これにより、レントゲンでは分からなかった、骨の奥行き、骨の幅、厚みを正確に知ることできます。今では、インプラントの治療に欠かせない検査のひとつになっています。また、インプラントに限らず、親知らずの抜歯、矯正歯科治療、歯周病治療の際の骨の状態把握、根管治療等の際にも、歯科用CTにより高解像度のデータが入手でき、安全に治療を行うことが可能です。

マイクロスコープ

咬み合わせを考えた総合的な治療

カツベ歯科クリニックでは、より精度の高い治療を行うため、マイクロスコープ(歯科用拡大鏡)を設置しております。歯科治療では、肉眼では確認できないほどの細かい作業が必要とされます。そこでドクターの強力な武器となるのが、この「マイクロスコープ」とよばれる顕微鏡です。最大で肉眼の約20倍以上での処置ができるため、発見が難しかった微少な患部が判別できたり、本来抜かなければならない歯でも残せるなど、治療処理が飛躍的にアップします。

人間の目では限界があります。これらの設備は、「勘と経験に頼らざるを得なかった今までの歯科治療」を、一気に塗り替えてしまうかも知れないほどの診断機器です。レベルの高い「世界水準」の治療ができますので、患者の皆さんには、安心して治療を受けていただきたいと考えてます。

徹底した滅菌対策

咬み合わせを考えた総合的な治療

カツベ歯科クリニックでは、感染症の有無に関わらず、全ての患者様、ドクター、スタッフ間での感染を予防するため、スタンダードプリコーション"「すべての人の血液、体液(汗を除く)、分泌物、排泄物、粘膜、損傷した皮膚には感染の可能性がある」"という考え方に基づき、消毒・滅菌を徹底しています。

使用済みの治療器具の洗浄のために独ミーレ社の高圧洗浄器、ミーレウォッシャーを使用しています。約95度の熱湯で行う高温洗浄ですので、複雑な構造の器具も徹底洗浄が可能です。手洗いとは異なり安定した洗浄効果がありタンパク質等も除去します。超音波での洗浄や、血液分解剤も適時使用します。

様々な要望にお応えする多彩な治療オプション

世界・国内の歯科医療従事者への指導を行っています

1つの治療を患者様にあてはめるのではなく、患者様にとって最優先すべき治療を提供します。それには費用面・患者様の考え方・患者様の生活背景により治療方法は様々です。当院は歯周病治療・インプラント治療・かみ合わせ治療に力を入れています。






初めての方へ ~治療の流れについて~

当院では患者様のお悩みをしっかりお伺いするために、十分に時間を取り、丁寧にカウンセリングを行っています。

治療の流れについて

Step01 初診カウンセリング

Step01 初診(1回目)

現在の状況をご記入いただいた問診票を元に、歯や口のお悩みなどをお聞きしながら、診断させていただきます。「歯が痛い」「入れ歯が合わない」「詰め物が取れてしまった」というような場合には、応急的な治療を行います。

Step02 検査歯科ドック

Step02 カウンセリング(2回目)

全ての方に対して、口腔内の検査をしっかり行います。

Step03 検査後のカウンセリング

Step02 カウンセリング(2回目)

検査後に再度カウンセリングを行います。「こんな治療が受けたい」というご要望や治療の不安などがありましたらご相談ください。精密検査の結果なども考慮しまして、口腔全体の治療計画を立案させていただきます。

Step04 治療開始

Step03

治療計画に基づいて、治療をスタートします。当院では、患者さまとのコミュニケーション、インフォームドコンセントを徹底し、ハイクオリティーな治療を実践するように心がけておりますので、不満や疑問がある場合は遠慮無くおっしゃってください。

Step05 治療後メインテナンス

Step04

治療後は、患者さまのかかりつけ医として、2ヶ月~6ヶ月ごとの定期検診やメインテナンスプログラムを充実させ、長期における口腔の健康維持を保つことを最終目標としています。

※当院は時間約束制ですので、来院前に予約してご来院ください。ご予約がない場合、とても心苦しいですが当日診させていただけないことがあります。 ご協力よろしくお願いします。

初診の方へ

問診票を事前に印刷記入し持参して頂くと、スムーズにご案内させて頂くことが出来ます。 またFAXにて送信して頂くとなお、ご案内までにお待ち頂く時間を短くすることが出来ます。 どうぞご活用くださいませ。

※問診表(PDF)のダウンロードはこちらから »